種類の豊富なベビー服

新生児服には多くの種類があります。ドレスオールと言われているベビードレスはお宮参りなどの特別な日に着せることが多いでしょう。足元までスッポリと包み込むタイプのベビードレスですから、オムツ替えもしやすくて、寒い季節には保温効果もあります。背丈よりも長い丈が一般的ですので、夜は足先の長い部分を折り曲げて、寒くならないようにしてあげましょう。

誕生から数か月が過ぎるころには、赤ちゃん自身が自分の足の存在に気付きはじめます。バタバタさせたり、足を高くあげたりと活発に動くようになってきます。

この時期には、足をあげたりするだけで、ベビードレスが持ち上がってしまい、気がつくとオムツがまる見えになっているなんてことが度々おこります。こんな時には、足元がズボンのように分かれているタイプのベビードレス「ツーウェイドレス」を着せてあげましょう。

ツーウェイドレスを着られる時期は案外とすぐに来ますので、初めからツーウェイドレスを選んで買っておけば、無駄にはならないでしょう。その時期が過ぎれば、カバーオールというつなぎのような洋服を着るようになります。

こうして生まれてから1歳の誕生日を迎えるころまでに、色々なタイプのベビー服を着ますので季節に見合ったベビードレスを選んであげましょう。

参考HP…ベビー服 新生児肌着
赤ちゃん用の衣類通販サイトをしているです。