ツーウェイオールの特徴

新生児服の代表とも言われている「ツーウェイオール」の特徴を説明します。ツーウェイオールは、生まれてすぐの赤ちゃんから着られるベビードレスです。まだあまり動かない時期には、足までスッポリと隠れるようにスナップを下まで留めて、ワンピースのようにします。

これが新生児期の着せ方でドレスオールという名前がついています。生後数か月が過ぎて、足をバタバタさせたりと動きが活発になったころには、スナップをズボンの形で留めて足が入る部分を作れるカバーオールにすることもできます。

このように2通りの着せ方ができるのが、ツーウェイドレスのポイントです。サイズ的には50~70センチほどですので赤ちゃん時期のほんの一瞬の楽しみと言えるでしょう。お散歩するにはまだ早いし、病院から自宅に戻るときや、お食い初めなどのお祝いごとに少しおしゃれなデザインのツーウェイドレスを着せてみるのもいいですね。

最近はスナップボタンもカラフルな色になったり、ドレスの色やデザインも豊富にありますので、赤ちゃんに似合う色を選んであげると、赤ちゃんとの時間も有意義なものになるでしょう。ツーウェイドレスをカバーオールにするころには、肌着もツーウェイ肌着にすれば、足元もすっきりします。